会長コラム2011年5月

「日本理学療法士学術集会宮崎」



 今年も日本理学療法士学術集会に参加してきたので報告したい。
5月26日(木)、午前中の仕事を終えて羽田へ、早速悪天候で条件付きフライト。宮崎空港に着陸できない場合は羽田に引き返すか福岡空港に到着するという条件。初日から緊迫感のある旅立ちとなった。宮崎空港到着しカウンターで移動手段を確認していると後から森岡周先生(畿央大学)に声をかけられた。伊丹空港からほぼ同時刻の到着だったらしい。その日は森岡先生と翌日朝のモーニングセミナー打ち合わせを兼ねてニューロリハの今後について語り合う予定だったのでそのまま会場にご一緒しようかと思ったが先生はシェラトンにチェックインしてから来られると言うことで別のタクシーへ。  会場には高村浩司先生(城南病院/ボバース成人片麻痺インストラクター)がすでに到着していたので二人で先に乾杯。しばらくして森岡先生、友清先生(PT.OT.STnet代表)も合流し、ニューロリハの将来や在宅医療の話などで盛り上がった。その日は疲労もあり就寝。

5月27日(金)、第1会場(天瑞)にてモーニングセミナー「脳科学からみた運動学習」森岡周先生(畿央大学 健康科学部)の司会を務めた。先生のニューM1(新運動野)の話は手指(特に拇指)からしっかりとした触運動覚を入れることが重要という内容。そこに「補足運動野−網様体脊髄路による予期的姿勢調整」の理論を加えると我々が治療の背景としている神経学的理論と一致する。麻痺側上肢への治療の重要性を理学療法士に提案する素晴らしい内容であった。
 その日はポスターを見て回った後、口述フリー発表「神経」の会場で発表をいくつか聞いて、夕方は「Clinical Reasoning in Physiotherapy」Mark A Jones先生の来日記念講演を拝聴。
 夜はチャリティーパーティーに参加、前室でのドリンクサービス時に里宇明元先生(慶應義塾大学医学部)にお逢いできBMI(Brain-Machine Interface)の話をお伺いできた。チャリティーパーティでは半田一登日本理学療法士協会会長、内山靖副会長、山口議員にご挨拶。山口議員が福島で私が講演した際にお逢いしたことを覚えてくださっていたのには少し驚いた。
 終了後は市内でボバース指導者の大槻先生、保苅先生、高村先生と今後の指導者養成体制等について話し合った後解散、就寝した。

5月28日(土)、9時から大会テーマ講演「リハビリテーション最前線」里宇明元先生を拝聴。前日にBMIの話をご本人から直接伺うことが出来ていたので非常に分かりやすく聞くことが出来た。また四肢が動かない方が脳波によりセカンドライフ(バーチャルリアリティ)のアバターを操作し、研究者のアバターと出会って一緒に夕日を見るシーンは、セカンドライフ経験者である私にとって感動的な内容だった。また、その脳波信号を麻痺側上肢治療に結びつけるBMIは思っていた以上に研究や機器開発が進んでいる事に驚いた。
 午後は「病期別に見た理学療法の未来図」− 病期別理学療法から見た医療制度の現状と課題 −に参加。青山誠先生(手稲渓仁会病院)が急性期の事を話されていたが、今後の理学療法士20万人時代を見据えたお話しは参考になった。半田会長の司会としてのまとめ方もさすがとしか言えない内容だった。
 その日の夜は私が企画したネットワーカーによるオフ会。PT.OT.STnet・twitter・mixi・ピーナッツから重鎮ネットワーカーが25名集うことが出来た。

5月29日(日)、朝から宮崎は台風の暴風圏内に突入。帰りの飛行機を心配しながら会場へ向かう。「日本におけるICF − その臨床実践と現状での課題 −」パネリスト石田利江先生(順天堂大学医学部附属練馬病院)・浅川育世先生(茨城県立医療大学)に参加。石田副会長の講演は講習会で使用しているICF評価表の活用事例が含まれていたので、ボバース概念に基づくニューロリハビリテーションにおいてICF理念の活用が 十分に行えていることを他に伝える良い機会になったと思う。 その後、専門領域神経系の口述発表を聞いた後、会場を後にした。
 その頃には台風は通り過ぎていて快晴に、ただ台風は羽田方向に向かっているので飛行機が着陸できるのか不安に思いながらも、搭乗時間まで少しあったので足を伸ばして青島へ行き、タクシーに少し待ってもらって鬼の洗濯板を見ることができた。空港に着いて飛行機が無事飛んでいる事を確認して遅めの昼食。16時35分のANAで帰路についた。
 今回は得ることの多い学会であったが、台風等あってかなり疲れた。来年は今年病院で購入してもらった重心動揺計、表面筋電図を生かしてボバース概念に基づくニューロリハビリテーションの効果を示す演題を兵庫学会に持ち込みたい。

 

日本ボバース研究会 会長   伊藤 克浩
 

平成23年5月31日

 
 


当研究会へのお問い合わせ、ご質問は、下記の連絡先までお寄せ下さい。
日本ボバース研究会事務局:〒536-0023 大阪府大阪市城東区東中浜2丁目1番23号 栄泉第一ビル4階
TEL:06-6962-6722  FAX:06-6969-9667   Eメール:bobaken@nifty.com


制作:日本ボバース研究会インターネット事業部