第1日目:7月29日(土)
7月29日(土) A会場 B会場
12:00 12:00 受 付
12:30 開会式  
12:45
基調講演
13:00
利用者の自己実現に向けて
~ボバース概念に基づいた在宅支援への取り組み~
講 師佐藤 博志
第7回日本ボバース研究会学術大会
 大会長
14:00
座 長:井上 健
第7回日本ボバース研究会学術大会
副大会長
14:45 休 憩
15:00 15:00 一般演題
座 長長澤 明
順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター

理学療法士
座 長鳥瀬 義知
Risona520 理学療法士
A1
視床出血後遺症者の
歩行再建に向けたアプローチ
~重心動揺・下肢荷重量の変化に着目して~

坂口 重樹
誠愛リハビリテーション病院 理学療法士
B1
抗重力姿勢を取り戻す
ー重症心身障害児者施設における
ボバース概念の実践報告ー
今村 健一
大阪発達総合療育センター フェニックス
15:15
A2
被殻出血を呈した症例に対する
靴、靴下着脱動作改善に向けた治療介入


吉田 久美香
誠愛リハビリテーション病院 作業療法士

B2
重症心身障害児者施設における
ボバース概念の実践
包括的システムにおける短期集中リハの展開

植野 清香
大阪発達総合療育センター フェニックス

15:30
A3
Pushingを呈した右被殻出血症例の
端座位保持獲得に対するアプローチ

松村 彩子
独立行政法人 地域医療機能推進機構 星ヶ丘医療センター
理学療法士

B3
O歳痙直型両麻痺児の立位獲得に向けて
~姿勢制御に基づいた正常発達の治療応用~

山本 裕子
森之宮病院 理学療法士
15:45 休 憩
16:00 16:00 座 長三橋 宏昌
神戸リハビリテーション病院
理学療法士
座 長三浦 拓
東苗穂病院
理学療法士
A4
姿勢制御機能への介入によって構音機能に改善を認めた運動性構音障害の一例

野間 陸
脳神経センター大田記念病院 言語聴覚士

B4
急性散在性脳脊髄炎を発症し対麻痺を呈した難症例に対し、歩行獲得に向けて挑戦した1症例
大上 祐司
森之宮病院 理学療法士
16:15
A5
ボバースセラピストによる介入はFIMの改善に良い影響を与えるか?
村上 佑介
脳神経センター大田記念病院
B5
維持期の患者に対する自主トレーニングの効果
~運動の段階づけと自己チェック表の利用~

佐藤 広美
順天堂大学医学部附属練馬病院 理学療法士
16:30
A6
脳性麻痺児に対する1年間の継続治療が粗大運動機能に及ぼす効果
荒井 洋
ボバース記念病院
16:45 休 憩
17:00 17:00 一般社団法人
日本ボバース研究会
定期総会
 
18:00
18:20 終 了
18:30 レセプション 

第2日目:7月30日(日)
7月30日(日) A会場 B会場
8:30 受 付
9:00 9:00
特別講演
多様化する社会に向けて取り組むべきこと
~ボバースセラピストのこれから~
 
Ⅰ小児部門
講師:伊藤 直子
森ノ宮医療大学 作業療法士
10:00
座 長:小室 芳幸
第8回日本ボバース研究会学術大会 大会長
10:20 休 憩
11:00 10:35
Ⅱ成人部門
講師:伊藤 克浩
山梨リハビリテーション病院 理学療法士
座 長:下斗米 貴子
第7回日本ボバース研究会学術大会 相談役
12:00 12:00 閉会式
12:10 終 了



ページトップ