『Bobathジャーナル』2006年12月 第29巻第2号(通巻76号) 


■巻頭言 「こども達とつきあって思うこと」 彦田龍兵

■特集:症例検討
根拠に基づく治療への礎として 舟波真一
歩行の治療と自己組織化 藤井誉行
身体のConnectionを考える 新井順子
廃用手への関わり 伊林克法
重症児の摂食時姿勢に関する検討 野沢由紀子
覚醒と情動の調整が難しい脳性まひ児を担当して 小川由美子

■教育論文
脳卒中に対する外科的治療の変遷 島内正樹
運動野可塑性研究の最近の話題 久保田競

■器具・アクティビティの紹介
インスタント斜面台 山本圭三

■上級講習会報告
Gerlinde Haase女史による成人ボバースアプローチ上級者講習会参加報告 高橋幸治
パトリシア・シェリー先生による上級講習会 高村裕子・他
2006年度ボバース概念に基づく小児領域上級講習会報告(東京) 松村晴美・他

■文献抄録
脳卒中後入所者への嚥下治療の効果 古澤正道
「手」第1章 手を握ること 古澤正道
中枢のパターンジェネレーター 古澤正道
半側空間無視−前庭機能障害? 森脇悠太
空間無視はどこに"まっすぐ"があるか? 佐々木哲也
損傷半球の反対側に傾いて押すことの(Contraversive pushing)の原因 加来明広

■編集後記