用語解説

(IBITA・JBITAで定義されたものを中心に載せていますが、(含BBTA定義)訳のないものは誤解の生じないように原文のまま載せております)


ボバース、ボバースアプローチとは

ボバースアプローチとは、イギリスの医師である故カレル・ボバース博士と理学療法士のベルタ・ボバース夫人により開発された治療です。脳や脊髄といった中枢神経系の可塑性を活用し、中枢神経疾患をもつ方々の機能改善をめざす治療です。

ボバース概念は、イギリスのボバース夫妻によって1940年代に始められた中枢神経疾患に対するリハビリテーションの方法のひとつです。その後、世界各地で多くの指導的立場の療法士を輩出し、さらに治療内容を発展させながら世界的に普及しています。ヨーロッパを中心に、アメリカ、カナダ、ブラジルなどの南米、南アフリカ共和国、オーストラリア、イスラエル、韓国、日本など25か国で多数の講習会・研修会が開かれ、また毎年1回の総会が世界各地で開催されています。(Bobath記念病院ホームページ より)

What is the Bobath Concept ?

The Bobath Concept is a problem solving approach to the assessment and treatment of individuals with disturbances of tone, movement and function due to a lesion of the central nervous system.
(IBITAH 1996)


日本Bobath研究会

Bobath成人片麻痺基礎講習会(3週間)、Bobath脳性麻痺基礎講習会(8週間)Bobath医師講習会(1週間)のいずれかを修了した 医師・理学療法士・作業療法士・言語療法士が修了後に入会する研究会で現在約2,000人の会員からなる。

成人片麻痺基礎講習会(3週間)
北斗病院(北海道)・栃内第二病院(岩手)・順天堂医院(東京)・江東高齢者医療センター(東京)・山梨リハビリテーション病院(山梨)・富士温泉病院(山梨)・Bobath記念病院(大阪)3〜4回・誠愛リハビリテーション病院(福岡)・クオラリハビリテーション病院(鹿児島)/計年間11〜12回

脳性麻痺基礎講習会(8週間)
心身障害者総合医療療育センター(東京)・Bobath記念病院(大阪)/計年間2回

医師コース(1週間)
Bobath記念病院(大阪)


JBITA

IBITA(Bobath法国際成人インストラクター/チューター会議)の日本支部
「日本Bobath法国際成人講師会議」の略称でBobath成人片麻痺基礎講習会(3週間)のインストラクターとチューター、がメンバー。(アソシエートメンバー:インストラクター候補生)

What is IBITA ?

IBITA (International Bobath Instructors Training Association) is the international organisation of Instructors, teaching the Bobath Concept applied to the assessment and treatment of adult patients with hemiplegia and other allied neurological conditions.
IBITA was founded in 1984 and unites Instructors (Physiotherapists and Occupational Therapists) worldwide, representing at the moment more than 210 members in 22 countries.
ABPIA(アジア小児ボバース講習会講師会議)

ABPIA :ABPIA(アジア小児ボバース講習会講師会議)とは、脳性まひのある子どもと家族のための、ボバース概念に基づく小児領域8週間基礎講習会、を開催するアジア圏、おもに日本と韓国のインストラクターや専任講師による組織です。


BASE OF SUPPORT ( BOS )

IS THE SUPPORTING SURFACE THE BODY PART IN CONTACT WITH IT AND THE RELATIONSHIP OF THE WHOLE BODY AND THE SUPPORTING SURFACE.

POSTURAL SET

IS AN ALIGNMENT OF KEY-POINTS TO EACH OTHER IN RELATION TO AN ACCEPTED BASE OF SUPPORT.

KEY POINTS OF CONTROL

...ARE SPECIFIC AREAS OF THE BODY FROM WHICH TONE, SPECIFIC RECEPTORS, MOVEMENT,PATTERN,GOAL AND FUNCTION CAN BE CHANGED AND/OR MODIFIED.

PROPRIOCEPTIVE CONTROL

IS THE ABILITY TO SELECTIVELY RECEIVE AND INTEGRATE INFORMATION AND RESPOND TO THE ENVIRONMENT.